12/19(火)詩人たちのスナック ー しぇあすなっく「ポエポエ」開催のお知らせです


詩人たちのスナック ー しぇあすなっく「ポエポエ」

SYLPMeeting 番外編。詩人ママたちがあたたかくお客様をおもてなしします。
年に一度の忘年会!詩人といっしょに、楽しいお酒と朗読と気さくな会話をお楽しみください。

日時:2017年12月19日(火)19:00-22:00
会場:スパイラル9F「スパイラルルーム」
出演:Poet カニエ・ナハ、永方佑樹、文月悠光 
   Guest みなさま
料金:2000円(ハウスボトル飲み放題)
主催:オブラート http://oblaat.jp/
協力:スパイラルスコレー
会場アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前。もしくはB3出口より渋谷方向へ1分。http://www.spiral.co.jp/a_map/

【ご予約】
不要

【出演者プロフィール】
カニエ・ナハ
2010年「ユリイカの新人」としてデビュー。
2016年、詩集『用意された食卓』で第21回中原中也賞、第4回エルスール財団新人賞〈現代詩部門〉受賞。
2017年、NHKドラマ『朗読屋』に出演。東京都現代美術館の企画展「MOTサテライト」にて大原大次郎氏とコラボレーション作品を発表。スカパー!ベターライフチャンネルにてドキュメンタリー番組「Edge 詩人 カニエ・ナハ 未だ見ぬ詩の世界へ」が放送される。

永方佑樹
2012年、第21回「詩と思想」新人賞受賞(受賞時、永方ゆか)。2016年、日本語の三つの表記、ひらがな・カタカナ・漢字の特性を「表記のグラデーション」にてあぶり出す事を目指した詩集『√3』を刊行。近年では基本の執筆活動に加えて、テキストとしてだけではない、詩の新たな表現を目指して、「ドリンク詩」(2016年アート展「EAT!-Enjoy art & table」:青山spiral)や「車掌さんのための詩」(2017年「紀の国トレイナート」JR西日本きのくに線)など、アートや社会と詩とを結ぶ活動を行い、また、他アーティストとのコラボレーションによるポエトリーパフォーマンスや、映像や音を使用したポエトリーインスタレーションをフィンランドや台湾で行うなど、その活躍の場を国内外に広げている。

文月悠光
詩人。1991年北海道生まれ。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年の時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。2016年に初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、第3詩集『わたしたちの猫』(ナナロク社)を刊行。エッセイ集『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)を準備中。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆、詩作の講座を開くなど広く活動中。
http://fuzukiyumi.com/