news

iPhone App「poegram」発売記念 谷川俊太郎トークショー@銀座アップルストア

「poegram」シリーズのiPhone版発売を記念してトークショーを開催します。poegram第1弾「私の胸は小さすぎる」の作者である詩人の谷川俊太郎氏が、poegramのディレクター杵村史朗氏およびプランナーの松田朋春とともに、これからの詩と電子書籍のあり方について語り合います。ぜひご参加ください。
会場:銀座アップルストア 日時:5月25日(水)午後7時〜8時30分




谷川俊太郎 poegram『私の胸は小さすぎる』iPhone版発売開始。iPhone/iPad無料版も同時リリース

デザインレーベルoblaatがプロデュースする電子書籍アプリケーション「poegram」シリーズ。詩の電子出版の新しいフォーマットを提示し、すでにiPad版が反響を呼んでいましたが、この度iPhone版が発売開始となりました。独自の演出によるこれまでにない詩の体験をお届けします。価格は600円。お試し無料版をiPhone/iPadともにご用意しました。app storeよりダウンロードしてください。

iPhone版・無料版
iPhone版・通常版
iPad版・無料版
iPad版・通常版







ポエペンシルシリーズを発表

oblaat作品ナンバー05として、poepencilシリーズを発売しました。タイトルは「谷川俊太郎・一行一ダース」。鉛筆をモチーフとした1行詩12作を実際に鉛筆に刻印して構成した1行詩集です(三菱ユニ鉛筆を使用、ケース入り)。初期ロットは限定版として、AssistOnの原宿店並びに同ネットショップで販売しています。




「現代詩手帖」でoblaatの同人と現代詩のユニット「トルタ」が鼎談。

現代詩の雑誌「現代詩手帖」2月号(思潮社)の特集記事「新しい出会いのために」の巻頭で、oblaatの同人と現代詩のユニット「トルタ」が鼎談が掲載されています。

oblaatに作品を提供する谷川俊太郎、プランナーの松田朋春の両氏がオブラートの作品を解説し、開かれた詩のメディアの将来像を語りました。また、昨年オプティュードで開催した「谷川俊太郎・詩の展覧会」の書評も掲載されています。




ポエグラムシリーズ、本日発売!

poegram

詩の新しいメディアとしてiPadの機能を活用しました。詩の鑑賞がいままでにない領域に踏み出します。歴史的瞬間に立ち会ってください。
iPadからhttp://itunes.apple.com/jp/app/id395844096?mt=8にアクセスしダウンロードしてください。
iPhone用アプリケーションは只今準備中です。




「十二月をほんとは、どこで誰と過ごしたいですか」

optitude_oblaat

2010年11月19日から12月30日、オプティテュード青山店でファッションブランドoptitude+oblaat共催 「谷川俊太郎詩の展覧会・十二月をほんとは、どこで誰と過ごしたいですか?」を開催します。

展覧会公式サイト http://www.adametrope.com/feature/oblaat/
谷川賢作さんオフィシャル  http://tanikawakensaku.com/topics/oblaat/optitude.shtml










子どもの本専門店メリーゴーランドで販売開始しました

子どもの本専門店メリーゴーランドの四日市、京都の両店で、oblaatのポエミクロシリーズの販売を開始しました。詩の本の取り扱いも多く、独自のトークイベントや作家の個展なども開催する個性的な書店です。ぜひお立ち寄りください。

子どもの本専門店メリーゴーランド