10/18 (金) SYLP Meeting Vol.22 松田朋春「oblaatのこと、仕事のこと、詩のこと。」開催のお知らせです


松田朋春「oblaatのこと、仕事のこと、詩のこと。」ーSYLPMeeting No.22

若い頃は詩人にあこがれ、すぐにあきらめ、いつかは詩の仕事をしようと思っていて、気づけば普段の仕事の中にたくさんの詩人を巻き込んできた。詩人は世の中に多ければ多いほどよいはずと考えて、自分でも詩人を名乗るようになり、自分の詩集も作った。ときどき詩の依頼もあるけど、自分に詩人を名乗る資格があるとはいまでも思えない。詩人の田野倉康一さんが聞き手をしてくれるということなので、一度自分の考える詩のはなしをこの会でしてみることにしました。oblaatの話が大半になると思うので、この活動に興味を持っている方には特に聞いていただきたいです。

日時: 2019年10月18日(金) 19:00〜21:00 (開場 18:30)
出演:松田朋春(詩人・oblaat世話人)、田野倉康一(詩人)
会場: スパイラルルーム(スパイラルビル9F) 東京都港区南青山5-6-23
料金: 1,500円(定員40名)
主催: オブラート http://oblaat.jp   
協力: スパイラルスコレー
アクセス: 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前。http://www.spiralco.jp/a_map

【ご予約】
info@oblaat.jp までご氏名をお知らせください。 松田朋春の回ご希望の旨明記をお願いします。

【出演者プロフィール】
松田朋春
1964年東京生まれ。プランナー。詩人。グッドアイデア株式会社代表取締役。イベント、商品開発、広告企画などに携わる。2005年愛・地球博公式アートプログラムでプランニング担当。「道後オンセナート2014」プロデューサー。「ランデヴー プロジェクト」「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・タオル」「はっぱっぱ体操」でグッドデザイン賞、「ピノキオプロジェクト」でキッズデザイン賞金賞、グッドデザイン賞、D&AD賞受賞。著書「わたしの犬退治」(新風舎)「エアリアル」(ポエムピース)「ワークショップ-偶然をデザインする技術」(共著・宣伝会議)他。典型プロジェクト代表。oblaat(オブラート)世話人。 (株)ワコールアートセンター/スパイラル シニアプランナー。立教大学非常勤講師、グッドデザイン賞審査委員歴任。多摩美術大学非常勤講師。

田野倉康一
1960年 東京生まれ。大学時代に城戸朱理、広瀬大志、高貝弘也らと詩誌「洗濯船」を刊行。2002年に詩集『流記』にて第13回歴程新鋭賞を受賞。これまでに単行詩集5冊、現代詩文庫、編書に入沢康夫『詩にかかわる』のほか、東京国立近代美術館『山田正亮展』、ヴァンジ彫刻庭園美術館『イケムラレイコ展』など、カタログテキスト多数。ミラノで刊行された彫刻家・長澤英俊の作品集に詩作品掲載。




関連情報:松田朋春 第2詩集「エアリアル」発売中です

aerialobla( )t主宰でもあり詩人でもある松田朋春さんの詩集「エアリアル」、発売中です。
obla( )t関連グッズも取り扱う発行元のポエムピースから直接購入もできるのでぜひお買い求めください。

松田朋春 第2詩集
「エアリアル」
1,400円+税
B5変形版
箔押し美麗カバー装
デザイン:則武弥
発行:ポエムピース
http://store.shopping.yahoo.co.jp/poempiecestore/0076.html

まつだ ともはる
TOKYO ART FLOW 00 アートプロデューサー
ワコールアートセンター/スパイラルシニアプランナー
立教大学、多摩美術大学非常勤講師
グッドデザイン賞審査委員を歴任
詩を本の外にひらくデザインレーベル「oblaat(オブラート)」、
アートフェスティバル「道後オンセナート2014」、
日本の優れた工場と協働して商品開発する「典型プロジェクト」など
幅広いプロデュースをおこなう。




車座 ‐Post Peak Oil Orchestra‐

1900_DSC_8136
震災後の被災地や計画停電の街中で輝き続けた自動車の灯り。
自動車は、環境への負荷など常に社会的な課題を背負いながらも、確実に社会のインフラであり、移動の自由を保証する存在として強固で独立性の高い機能を備えてきました。
本作品では、自動車の持つ自立性に着目し、20台の自動車の照明・音響装置を無線で一体的に操作することで、自在に出現する「クルマによる円形劇場」を横浜港の親水空間に形成し、実験的なポエトリーリーディングを行います。
上演作品は、日本を代表する二人の詩人・谷川俊太郎と覚和歌子による、このために書き下ろされた対詩で す。横浜の夜景を見渡す港の屋外空間で、都市に生きる自由を感じてください。

開催日時: 10月9日(日)
時間: 18:00開場 18:30開演 19:30終演予定
料金: 2,000円(税込)自由席 ※要申込
会場: 象の鼻パーク (受付:象の鼻テラス17:30から)
定員: 120名(先着順)
申込方法: 氏名(ふりがな)、年齢、ご連絡先(email、Tel、Fax)をご記入の上、
info@zounohana.comまで、件名に「車座申込」と記載してお申し込みください。
出演・詩: 谷川俊太郎、覚和歌子(oblaat)
空間演出: Responsive Environment
(日高仁、西澤高男、山代悟、酒井聡、安味貞旭)
機材制作: 久世祥三(MATHRAXLLC.)
企画: 松田朋春(oblaat)
アートディレクション: 則武弥(oblaat)
特別協力: おもいやりライト運動事務局
協力: オリックス自動車株式会社
主催: 象の鼻テラス(スマートイルミネーション横浜)
アクセス: みなとみらい線「日本大通駅」1番出口海側へ徒歩約3分
※会場に駐車場のご用意がございません。ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
お問合せ: 象の鼻テラス info@zounohana.com
電話 045-661-0602(10:00~18:00)
1915_DSC_8143




「現代詩手帖」でoblaatの同人と現代詩のユニット「トルタ」が鼎談。

現代詩の雑誌「現代詩手帖」2月号(思潮社)の特集記事「新しい出会いのために」の巻頭で、oblaatの同人と現代詩のユニット「トルタ」が鼎談が掲載されています。

oblaatに作品を提供する谷川俊太郎、プランナーの松田朋春の両氏がオブラートの作品を解説し、開かれた詩のメディアの将来像を語りました。また、昨年オプティュードで開催した「谷川俊太郎・詩の展覧会」の書評も掲載されています。




「oblaat レーベル発足記念 谷川俊太郎トークショー」のおしらせ

来る9月7日(火)に、青山ブックセンター本店(渋谷区神宮前)にてレーベル発足記念イベントを開催します。

出演:谷川俊太郎(詩人)、杵村史郎(アーティスティックディレクター)、イチハラヒロコ(美術家)、松田朋春(レーベル世話人)

※イチハラヒロコさんは京都よりスカイプでの参加となります。

トークショーテーマ:「詩と本とそれ以外」

イベント内容:「詩を本の外にひらいていく」レーベルとして発足した同人組織oblaat(オブラート)。発足を記念して、同人の谷川俊太郎氏が開発した作品の解説を行います。トークショーでは、oblaatが考える作品世界を、同人のアーティスティックディレクター杵村史郎、レーベル世話人の松田朋春とともに語ります。絶妙に言葉を使う美術家のイチハラヒロコが京都からスカイプで参加の予定。

■2010年9月7日(火)19:00~20:30+サイン会(開場18:30~)
■会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山

■定員:100名様

■入場料:税込700円

■ご参加方法:

[1] ABCオンラインストアにてWEBチケット販売いたします。
http://www.aoyamabc.co.jp/10/

[2] 本店店頭にてチケット引換券を販売。(入場チケットは、イベント当日受付にてお渡しします。当日の入場は、先着順・自由席となります。)

※電話予約は行っておりません。

■お問い合わせ電話: 青山ブックセンター本店・03-5485-5511

■受付時間: 10:00~22:00
※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。
■受付開始日:2010年8月9日(月)10:00~

トークショー終了後に、谷川俊太郎さんのサイン会を行います。

サイン会対象書籍:oblaat商品および会場にてご購入された谷川俊太郎さんの作品。

フェア開催

8月30日~9月中旬まで、青山ブックセンター本店にて「oblaatフェア」を開催します。oblaat全作品が購入できる唯一の売り場となりますので、ぜひお立ち寄りください。