関連情報:12/23(金・祝) 南阿佐谷で三角みづ紀さん出演のトークショー

SYLP Meetingその他oblaat主催及び関連イベントにも多数出演しその都度大好評の詩人、三角みづ紀さんが出演するトークショーのお知らせです。
限定40名のイベントですのでぜひお早めにご予約を。

161223

『悲しみの秘義』と『よいひかり』の著者による対談講演
若松英輔 × 三角みづ紀
わたしたちの好きな詩人
❇︎お申し込み方法等の詳細は上記ナナロク社告知ページでご確認ください

文筆家の若松英輔さんと、詩人の三角みづ紀さん。
互いの作品にうたれてきた二人が初めて語るのは、「たいせつな詩と、大好きな詩人」について。

二人があげるおよそ「十人」の詩人の魅力を、作品とともに楽しく語り合い、詩が詳しい 人にも、これから詩に親しみたい人にも、ときめくような発見のある一日となります。読 者家の若松さんが提案する、本を贈るときの作法もお伝えいたしますね。若松さん、三角 さん、そしてみなさんと共に、大好きな詩人と特別な一冊を見つけたいと思います。


2016年12月23日(金・祝)
出演:若松英輔 × 三角みづ紀
開場:13時30分
開演:14時00分
定員:40名 ※席はすべて自由席です。
料金:2,000円
会場:南阿佐ヶ谷 シュエットギャラリー
東京都杉並区成田東 4-28-10
(丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅より徒歩5分)
主催:ナナロク社




11/25(金) 第14回 SYLP Meeting 野口あや子 開催のお知らせです

161128第14回 Support Your Local Poet Meeting 野口あや子
「31音という可能性」

若くして受賞を重ね、幅広い活動で注目をあつめる歌人、野口あや子による朗読とお話の夕べ。ゲストには共同制作「気管支たち」のパートナーである詩人の三角みづ紀さんをお迎えします。
短歌と出会って広がったたくさんの可能性、朗読への挑戦、そのさきに思うこと。

日時:2016年11月25日(金) 19:00〜21:00 (開場 18:30)
会場:スパイラルルーム (スパイラルビル9F)
出演:Poet 野口あや子
   Guest 三角みづ紀
料金:1,500円 (定員40名)
主催:オブラート
協力:スパイラルスコレー
アクセス:銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前。
http://www.spiral.co.jp/a_map/

【ご予約】
info@oblaat.jp までご氏名をお知らせください。 野口あや子の回ご希望の旨、明記をお願いします。

野口あや子
1987年岐阜市生。名古屋在住。第一歌集『くびすじの欠片』で現代歌人協会賞を最年少で受賞。ほか歌集に『夏にふれる』『かなしき玩具譚』。三角みづ紀との共著に『気管支たちとはじめての手紙』。作品執筆ほか、コラボレーション、トーク、散文執筆、講座などの幅広い活動を行う。また朗読にも力を入れ、短歌と映像と音楽のインプロビゼーションユニット「−ミオ−」を結成し、精力的に活動を続けている。2017年、第四歌集刊行予定。

三角みづ紀
詩人。1981年鹿児島市生まれ。東京造形大学在学中に現代詩手帖賞、第1詩集で第10回中原中也賞を受賞。第2詩集で南日本文学賞と歴程新鋭賞を受賞。執筆の他、朗読活動も精力的に行い自身のユニットのCDを2枚発表し、多くの国際詩祭に招聘される。第5詩集『隣人のいない部屋』で第22回萩原朔太郎賞を最年少受賞。美術館での展示や作詞等、あらゆる表現を詩として発信している。2016年8月、第7詩集『よいひかり』をナナロク社より刊行。




第2回 Support Your Local Poet Meeting 決定しました

misumimizuki

第2回 Support Your Local Poet Meeting
Support Your Local Poet「身近な詩人を支えよう」を合言葉に、毎回ひとりの詩人を招き、じっくりとお話を聞くミーティングです。第2回は、若手女流詩人ナンバーワンの三角みづ紀さん。ゲストにはこちらも若手女流詩人ナンバーワンの文月悠光さんです。ドキドキしますね。

追記:当日会場で7/30発売の最新詩集『舵を弾く』お買い上げのみなさまにオリジナル詩片カードをプレゼント!

Support Your Local Poet Meeting

第2回 Poet 三角みづ紀 
    Guest 文月悠光
日時:2015年8月7日(金)19:00-21:00(開場18:30)
会場:スパイラル9F「アンクルハット」
料金:1,500円(1drink)
主催:オブラート
協力:スパイラル スコレー
会場アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前。もしくはB3出口より渋谷方向へ1分。http://www.spiral.co.jp/a_map/
お問い合わせ:info@oblaat.jp

三角みづ紀(みすみみづき)プロフィール

詩人。1981年鹿児島生まれ。東京造形大学在学中に詩の投稿をはじめ、第42回現代詩手帖賞受賞。第1詩集『オウバアキル』にて第10回中原中也賞を受賞。第2詩集『カナシヤル』で南日本文学賞と歴程新鋭賞を受賞。書評やエッセー執筆、ワークショップも行っている。朗読活動を精力的に続け、自身のユニットのCDを2枚発表しスロベニア国際詩祭やリトアニア国際詩祭に招致される。2014年、第5詩集『隣人のいない部屋』で第22回萩原朔太郎賞を史上最年少受賞。近著に現代詩文庫206『三角みづ紀詩集』(思潮社)がある。2015年7月末に第6詩集刊行予定。パフォーマンスのための詩作や美術館での展示や作詞等、あらゆる表現を詩として発信している。

関連:第1回 Support Your Local Poet Meeting feat.秋山基夫




第1回 Support Your Local Poet Meeting を開催します。

Support Your Local Poet「身近な詩人を支えよう」を合言葉に、毎回ひとりの詩人を招き、じっくりとお話を聞くミーティングです。第1回は、日本を代表するオーラル派のベテラン詩人、秋山基夫さん。朗読を中心に詩を巡る様々なお話を伺います。

「Support Your Local Poet Meeting」

第1回 Poet 秋山基夫
    Guest 三角みづ紀
日時:2015年7月3日(金)19:00-21:00(開場18:30)
会場:スパイラル9F「アンクルハット」
料金:1,500円(1drink)
主催:オブラート
協力:スパイラルスコレー
会場アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前。もしくはB3出口より渋谷方向へ1分。http://www.spiral.co.jp/a_map/
お問い合わせ:info@oblaat.jp

秋山基夫

秋山基夫プロフィール

「朗読大好き。詩はライブでしょう。」1960年代後半から片桐ユズル、有馬敲らと自作の詩の朗読を始め、70年代は京都「ほんやら洞」を中心に各地でフォークシンガーと一緒に朗読。以降も単独であるいは朗読中心のグループで朗読を続ける。詩集1965年『旅のオーオー』、『二重予約の旅』、『秋山基夫詩集』(現代詩文庫)、『家庭生活』、『薔薇』(以上思潮社)、『宇津の山辺』(和光出版)、『ひな』(ペーパーバック)など23冊。評論集『詩行論』『引用詩論』、近刊『文学史の人々』(以上思潮社)など。レコード1975年「ほんやら洞の詩人たち」(URL-104・2003年CD復刻avex)、CD『ストロング』、『オカルト』、『国立の秋』(以上大朗読事務局)など。

関連:第2回 Support Your Local Poet Meeting feat.三角みづ紀




「横浜パラトリエンナーレ2014」で三角みづ紀とダイアログ・イン・ザ・ダークによるサイン作品をプロデュースしました。

3年に一度の国際美術展「横浜トリエンナーレ2014」に合わせて、障害者とアーティスト、アカンパニスト(伴奏者)と呼ばれる応援団によって先端表現を追求する「横浜トリエンナーレ2014」に、オブラートは作品プロデュースで参加しています。詩人・三角みづ紀と、暗闇を体験するソーシャルエンタテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」のアテンドであり全盲者の檜山晃によるコラボレ—ション作品『声の矢印、言葉の地図』が、会場の象の鼻パークと象の鼻テラスに設置されています。この作品は、七つの設置箇所を訪れた感覚を、檜山と三角の対話を通じて詩にした「五感の旅」のための案内サインです。

横浜パラトリエンナーレ開催期間:2014年8月1日(金) 〜 11月3日(月 祝)※一部の作品はご覧いただけない期間があります。

http://www.paratriennale.net/program/project/




oblaatは東京都現代美術館「ミッション[宇宙×芸術]」展に参加します。

1440_r0070288宇宙をテーマにした同展覧会にoblaatは、谷川俊太郎・三角みづ紀・最果タヒ・穂村弘の4名の詩人とともに参加します。 館内の鏡やガラス面を用いたインスタレーション、ポエツリー出品、「二十億光年の孤独」初版本の展示を予定しています。 会期は6月7日(土)〜8月31日(日)です。
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/cosmology.html