oblaat 詩の電車が京都に登場

詩の電車 vol.1 開催 2012年9月29日から京都/叡山電車に「詩の電車」が走ります。タイトルは「七等星」。谷川俊太郎の詩を、刺繍作家の有本ゆみこが刺繍し電車を飾ります。
オープニングイベントとして下記が予定されています。
主催/叡山電鉄  企画・制作/熊谷充紘(ignition gallery) 、oblaat (オブラート)

■ オープニングイベント
2012年9月29日(土)18時30分〜20時30分
「宇宙の入口、金星(鞍馬天狗に会いたい)ツアー」
ツアー料金:1500円(叡山電車の往復乗車賃込み) 乗車駅:出町柳駅
内容:銀河鉄道となった叡山電車。詩の力でワームホールより天狗に会いに行きます。
・ 有本ゆみこ率いる「アラスカン」刺繍ライブ
・ 「詩の電車」のために制作した「星の組曲」(朗読/谷川俊太郎+音楽/谷川賢作) の車内放送。
・ 谷川俊太郎の短編映像作品を上映







車座 ‐Post Peak Oil Orchestra‐

1900_DSC_8136
震災後の被災地や計画停電の街中で輝き続けた自動車の灯り。
自動車は、環境への負荷など常に社会的な課題を背負いながらも、確実に社会のインフラであり、移動の自由を保証する存在として強固で独立性の高い機能を備えてきました。
本作品では、自動車の持つ自立性に着目し、20台の自動車の照明・音響装置を無線で一体的に操作することで、自在に出現する「クルマによる円形劇場」を横浜港の親水空間に形成し、実験的なポエトリーリーディングを行います。
上演作品は、日本を代表する二人の詩人・谷川俊太郎と覚和歌子による、このために書き下ろされた対詩で す。横浜の夜景を見渡す港の屋外空間で、都市に生きる自由を感じてください。

開催日時: 10月9日(日)
時間: 18:00開場 18:30開演 19:30終演予定
料金: 2,000円(税込)自由席 ※要申込
会場: 象の鼻パーク (受付:象の鼻テラス17:30から)
定員: 120名(先着順)
申込方法: 氏名(ふりがな)、年齢、ご連絡先(email、Tel、Fax)をご記入の上、
info@zounohana.comまで、件名に「車座申込」と記載してお申し込みください。
出演・詩: 谷川俊太郎、覚和歌子(oblaat)
空間演出: Responsive Environment
(日高仁、西澤高男、山代悟、酒井聡、安味貞旭)
機材制作: 久世祥三(MATHRAXLLC.)
企画: 松田朋春(oblaat)
アートディレクション: 則武弥(oblaat)
特別協力: おもいやりライト運動事務局
協力: オリックス自動車株式会社
主催: 象の鼻テラス(スマートイルミネーション横浜)
アクセス: みなとみらい線「日本大通駅」1番出口海側へ徒歩約3分
※会場に駐車場のご用意がございません。ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
お問合せ: 象の鼻テラス info@zounohana.com
電話 045-661-0602(10:00~18:00)
1915_DSC_8143




oblaat 04 ウエアラブルシリーズに新作発表

2011年7月、詩を纏うTシャツのシリーズ「ウエアラブル」の新作3種が完成。谷川俊太郎さんの詩をモチーフにデザインしました。 「いるか・水玉」「かっぱ・フォント」「かっぱ・俊太郎手描き」の3種、それぞれS/M/Lサイズがあります。定価3500円(税込)です。今回からデザインにに石神正人さんが加わりました。




谷川俊太郎「はだか」 oblaat展 vol.2 を開催

1716_DSC_7044
2011年8月5日~8月27日まで、港区のSHIBAURA HOUSEにて、谷川俊太郎の名作『はだか』とSHIBAURA HOUSEの空間を素材に、現代詩のあたらしい表現を試みます。会場では、ポエミクロ(顕微鏡で読むガラスの詩集)、ポエツリー(詩専用電光掲示板)、ポエグラム(詩のアプリケーション)、ウェアラブル(詩のTシャツ)、ポエペンシル(詩の鉛筆)など、新作を含むoblaatの作品や、谷川俊太郎関連書籍を展示販売します。
また、会期中にはいくつかのイベントを予定しています。

主催:oblaat
会場協力:SHIBAURA HOUSE
会期:2011年8.5(FRI)-8.27(SAT)  9:00am-10:00pm日曜・祝日休館
会場:SHIBAURA HOUSE東京都港区芝浦3-15-4




2011年8月5日にイベント開催

「はだか」oblaat展 vol.2
オープニングイベントを開催します。谷川俊太郎さんが80年代に自ら撮影・制作した映像作品の上映とお話。また、この展覧会を会場の皆さんと一緒に鑑賞します。
日時 8月5日(金)19:00~21:00 出演 谷川俊太郎
上映予定作品:『SONGS WITHOUT WORDS (無言歌)』(1986年作品)より。
3,000円(1ドリンク付)定員50名(要予約)

※ご予約はSHIBAURA HOUSEまで。




荻窪・6次元にてポエツリーキャラバンat6次元を開催

2011年7月14日から7月31日まで、東京都杉並区のカフェギャラリー6次元で「ポエツリーキャラバンat6次元・谷川俊太郎×荻窪派詩人展」を開催。会場では地元やTwitterで採集した短い詩をオブラートの詩歌専用電光掲示板ポエツリーに表示、また、谷川俊太郎さんによる撮りおろしスライドショー作品「庭」、まスライドショー「庭」に寄せて書き下ろした小詩集「庭」の活版カードとその版などを展示。会期中には様々なイベントも開催する。詳細は6次元のTwitterアカウントをフォローしてください。 7/24には、谷川俊太郎さんによポエツリー鑑賞のワークショップ、7/26には、谷郁雄さん、文月悠光さんをゲストに、オブラート「荻窪ポエトリーセッション・六次元」が開催。

主催 6次元
企画・制作 oblaat 6次元




「谷川俊太郎の庭」展 定点カメラが写し出す一年

撮影/谷川俊太郎
☆初公開☆
一年にわたり定点カメラで撮影した谷川俊太郎自宅の「庭」。表情を変えていく庭の景色。

■ポエツリー展示「ポエツリーがやってきた」at 極楽寺
詩歌専用の電光掲示板「ポエツリー」に、この媒体のために書かれた専用詩作品を表示します。また、oblaatの質問に対して寄せられた、地元詩人や住民、極楽寺を訪れる観光客の「回答」を連続して表示します。それらの言葉から、きっとこの地の底流にある詩のエッセンスを感じることができるでしょう。

■さまざまなワークショップ
会期中には、oblaatと緑青が主催する、詩や地域の創造に関する様々なワークショップが開催されます。詳しくは「緑青」ウエブサイト上に掲載します。

会場 ギャラリー緑青 http://g-rockshow.tumblr.com
江ノ電極楽寺駅徒歩3分
開催期間 2011年5月28日から2011年7月3日まで
営業時間 木曜から日曜日の午前11時から午後6時まで ただし祝日は営業
(原則として月曜から水曜日は休館 ご来場の節はウエブサイトなどでご確認のうえお越しください。)
入場料 無料
電話 0467-24-6339

主催 ギャラリー緑青
企画・制作 oblaat ギャラリー緑青




iPhone App「poegram」発売記念 谷川俊太郎トークショー@銀座アップルストア

「poegram」シリーズのiPhone版発売を記念してトークショーを開催します。poegram第1弾「私の胸は小さすぎる」の作者である詩人の谷川俊太郎氏が、poegramのディレクター杵村史朗氏およびプランナーの松田朋春とともに、これからの詩と電子書籍のあり方について語り合います。ぜひご参加ください。
会場:銀座アップルストア 日時:5月25日(水)午後7時〜8時30分




谷川俊太郎 poegram『私の胸は小さすぎる』iPhone版発売開始。iPhone/iPad無料版も同時リリース

デザインレーベルoblaatがプロデュースする電子書籍アプリケーション「poegram」シリーズ。詩の電子出版の新しいフォーマットを提示し、すでにiPad版が反響を呼んでいましたが、この度iPhone版が発売開始となりました。独自の演出によるこれまでにない詩の体験をお届けします。価格は600円。お試し無料版をiPhone/iPadともにご用意しました。app storeよりダウンロードしてください。

iPhone版・無料版
iPhone版・通常版
iPad版・無料版
iPad版・通常版